職業としての介護と身内の介護

  • 2017.06.23 Friday
  • 02:19

 

グループホームのアルバイトを始めて1年が過ぎました。

 

週一のアルバイトだからということもありますが、バイトに行くのが嫌になったことは一度もありません。

 

職場の雰囲気が良いということもありますが、本業とまるで違う職業なので、いつも新鮮な気持ちでいられるのが、その理由かも。

 

介護を体験していない方だと、介護の仕事なんて大変でしょう? と必ず言われます。

 

全然「えらく」もなんともないのに、凄いですね、偉いねと言われる。

 

でも、一番大変なのは、自宅で要介護の方たちとその家族です。

 

僕のことでいえば、下の世話が多い日でも、食事介助で全然食べてくれなくても、勤務時間が過ぎれば、引継ぎをすれば帰れること。

 

グループホームのドアを開けた瞬間、一気に解放される、また充実感に浸ることもあります。

 

でも、自宅介護はエンドレスです。

 

特に専業主婦の奥さんが、要介護の親族をケアしているケースは本当に大変だと思います。

 

奥様の家族の協力があれば、救われますが、介護は奥様だけで、なんとも悲しいお話もよく聞きます。

 

自宅介護になると、友人との交流も時間も無くなっていきます。

 

 

介護はネガティブに考えれば、考えるほど、どんどん不幸になっていきます。

 

でも、いろいろな情報を知ることで、また、コミュニケーションを図ることで、心が少しでも気が楽になります。

 

介護の仲間と「介護の図鑑」というブログを立ち上げました、特に介護を行う介護者の為のブログです。

 

ぜひ、遊びに来てください。http://kaigonozukan.com

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM